キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2017/02/14
格安SIMのメリット、デメリットとオススメのキャリアを新規投稿しました。
◆2016/03/07
善玉菌のチカラとはどのようなサプリなのかの情報を更新しました。
◆2015/08/17
便秘から引き起こされるめまいや肩こりの情報を更新しました。
◆2015/08/17
便秘が進むと腹痛が起きる理由の情報を更新しました。
◆2015/08/17
便秘で食欲不振になるのは本当?の情報を更新しました。

気になるぽっこりお腹の原因とは

49d127ef35f0b3a0b0f2aac2c1db27f1_sダイエットをしてやせたはずなのに、ぽっこりお腹だけが改善されない。
そのような事をいわれる方もいらっしゃいます。
また、部分的なストレッチなどを行っても改善されないなどという事を思われる方も。
と先のような場合、便秘でぽっこりお腹になっている可能性が高いのです。

■なぜぽっこりお腹になるのか
便秘は皆さんもご存知の通り「便が腸に溜まった状態」を言います。
腸内に便がとどまり続けることで、便は腐敗し発酵してしまうのです。
発酵してでた「ガス」が腸内に充満することでぽっこりお腹となってしまうわけです。

■ガスを出せば解決するのか
先に「ガスが充満することで」と記しました通り、ガスが出ればお腹が楽になったようなぽっこりお腹も少しよくなったような感覚を得る方もいらっしゃいます。
しかし、ガスは腸内に腐敗した便がとどまっている以上は再び発生してしまいます。
ですから、一時的に改善されたように感じただけなのです。
やはり、体内の便を排出することが大切です。

■水分をしっかりとって食物繊維や乳酸菌を
長期間とどまり続けている便は固くなっています。
ですから、自力で排泄をするのも難しくなっている状態なのです。
排泄しやすくするためにはやはり水分が大切です。
1日2リットルを目安に水分を補給するようにしましょう。
また、合わせてスムーズなお通じを目指すことができる食物繊維や乳酸菌を日々の食生活やサプリメントなどから摂取していくと良いでしょう。

■腸内環境を見直してみませんか
このように、ぽっこりお腹の原因について触れていきましたが、改めて認識すると正確な対処法というものもわかるかと思います。
もし、お腹が気になるという方は今からでも対策をしてみてください。

関連ページ

▲PAGE TOP